2007年04月

2007年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

AOL共同創設者のS・ケース氏、医療情報サイトを開始http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347555,00.htm

先日、こちらのブログで取り上げました、インテル共同創設者が語る医療とITといい、アメリカの医療ITニュースが最近多いですね。

Revolution Health
http://www.revolutionhealth.com/


以下、本ブログの医療とIT関連のエントリー。

日本HP、医療機関向け製品を本格化
ITとメディカル
アメリカの医療IT
アメリカの医療IT その2
インテル共同創設者が語る医療とIT
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医療とIT関係のニュースです。

インテル共同創設者A・グローブ氏、米国の医療問題を語る
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20347194,00.htm

ソースは以下の記事となります。

Andy Grove: Your medical history on a chip
http://news.com.com/2061-11204_3-6176094.html

重要な箇所を引用します。

Grove氏は、将来についてさほど楽観的はしておらず、逆に大規模な戦争、恐慌、流行病のいずれかが米国を襲い、その結果、米国の医療政策の転換を余儀なくされるのではないかと懸念している。しかし、同氏は情報技術こそが医療コスト削減のための極めて重要な解決策だと考えている(同氏は、米国の医療費が今後、毎年1300億ドルずつ増加するとの予想データを挙げた)。



「同氏は情報技術こそが医療コスト削減のための極めて重要な解決策だと考えている」(he considers information technology a vital solution for lowering costs of medical care)

チェックすべき発言ですね。

Grove氏は、米国の医療システムが抱える重大な欠点として以下の3点を挙げた。第1に、多くの医療保険未加入者の存在(米国の全人口のおよそ3分の1に当たる4600万人に上る)、第2に、救急医療現場の状況の悪化、そして最後に、高齢者人口の割合(の増加)だ。



一番最初のもの以外、日本も同様の課題を抱えております。

同氏は、空いているスペースを借りて個人経営の診療所や病院を開設することが問題解決に向けた出発点になると考えている。



この出発点は、日本にそのまま適用はできるわけではありませんが、学ぶべき点はあると思います。

医療とIT

両者の関係は、ますます目が離せないものとなってきました。


以前このブログで取り上げた、医療とITに関わるエントリーはこちら。

アメリカの医療IT その2
アメリカの医療IT
ITとメディカル
日本HP、医療機関向け製品を本格化

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ランディングページにおけるクリエイティブの基礎
http://www.semilog.jp/6/20070418182432.html

医科・歯科の世界でも、単にホームページを制作するだけでなく、更新・運用 → SEO → SEMといったことを考えていかなくてはいけませんね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

オーバーチュア、国内でも新スポンサードサーチへの移行開始
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/04/18/15470.html

先月末のYSTのアルゴリズムの変化といい、yahooとgoogleが似たようなものになってきているようですね。

入札価格以外も表示順位の決定要素になるのは好ましいことですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日の、

グーグルがパワーポイントを??
http://hecacon.blog92.fc2.com/blog-entry-61.html

の関連記事です。

グーグルが買収した「Tonic Systems」の注目技術はなに?
http://www.atmarkit.co.jp/news/200704/18/tonic.html

やはり、「テキスト抽出」がキモになりそうですね。

このサービスを利用してプレゼンテーション資料を作成した場合、プレゼン内容に関連するサービス・商品、データ等の広告が(作成者に)表示されるようになるのでしょうか??

となると、プレゼン資料作成の際にデータ不在の悩みが解消され、データ(数字の)確認の手間が省けるかもしれませんね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

グーグル、「Google Docs & Spreadsheets」にプレゼン機能を追加へ
http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20347325,00.htm?ref=rss

プレゼンがオンラインでできるようになると、かなり便利ですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ビジネス法務、医療経営コンサルタントのような仕事ですと、学習必須の分野ですね。

公認会計士でアルファブロガーの磯崎哲也さんのブログ、

isolog

の最近のエントリーで、ビジネス法務関係のブログが紹介されていました。

ビジネス法務の部屋
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/

愛読ブログのひとつになりそうです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医薬品、食品、化粧品

これら、健康・美容に関する商品の市場は、医療に携わる者にとって、無視できないテーマです。

これからの医食健美の市場の覇者は?
http://yakuji.exblog.jp/5138585

こちらのエントリーによると、ドラッグストアの市場規模が2012年には、10兆円になり、コンビニ(約7兆円)、総合スーパー(約8兆円)、百貨店(約8兆円)を抜いてしまうとのことです。

また、このエントリーではドラッグストアの医療モール事業への参入も取り上げております。

以前、このブログでもアメリカのミニクリニックの例を取り上げましたが、日本でも同様の事業が展開が加速していきそうですね。


以下、本ブログの医療モール関係のエントリー。

日本の医療モールとアメリカのミニクリニック

医療モール

医療モールその2

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本の医療モールとアメリカのミニクリニック医療モールに続く、医療モール関係のご紹介です。

医療モールにてご紹介しました、キーワードアドバイスツールで、現在医療モール関係でどれくらいの検索がなされているか調査してみました。


医療モール 1,386回
川口 医療モール 164回
シティデュオタワー川口 医療モール 115回
川口市 医療モール 60回
シティデュオタワー 医療モール 55回
医院 開業 医療モール 52回
川口駅前 医療モール 46回
埼玉県 医療モール 44回
医療モール 医療ビル 愛知県 開業 医院 37回
湘南 寒川 医療モール 33回

だいだい、前回と同じような結果ですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

MECE、戦略、分析、SMART、SO WHAT?、WHY SO?、チャート、問題解決、などなど、コンサルティングを重要なキーワードがいくつかあります。

今後、このブログでも取り上げていきますが、差し当たり、メモとして下記のページも。

SMARTな目標設定
http://www.consultantnavi.com/archives/50387895.html?utm_source=mm&utm_medium=mm022

ファクト(事実)を重視するコンサルタント
http://www.consultantnavi.com/archives/50387900.html?utm_source=mm&utm_medium=mm022

プレゼンテーションの技法
http://www.consultantnavi.com/archives/50387894.html?utm_source=mm&utm_medium=mm022

[RSS] [Admin] [NewEntry]

世界の医療標準狙う 米で「電子処方箋」無料サービス
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/46346/

すごいニュースですね。

[電子処方箋]米国の無料サービス
http://blog.m3.com/TL/20070410/1

こちらのエントリーでこのニュースを知りました。


以下、記事を全文引用します。

■グーグルとマイクロソフトなど、5年で1億ドル投入

 医師から薬局へ患者の処方箋(せん)を電子データとして送信するサービスを無料で提供する試みが、米国で始まった。サービスを提供するのは、マイクロソフトやグーグルなどIT(情報技術)大手が手を組んだ企業連合。手書きに起因する医療過誤を防止する方法として米政府も電子化導入を推進する中、業界標準の確立で潜在的な巨大市場を制覇したい思惑もある。

 「全米電子処方箋患者安全イニシアチブ(NEPSI)」は今年1月、全米の医師に電子処方箋のソフトウエアを無料提供するサービスを始めた。マイクロソフト、グーグルのほか、デルや米国富士通コンピュータ・プロダクツ、電子カルテ大手のオールスクリプツなど13社が参加。IT各社は同サービスに今後5年間で1億ドルを投入する計画で、「すべての医師に必要な技術を整備する重要な第一歩」(マイクロソフト)と強調する。

 ITの巨人が電子処方箋に着目した背景には、処方ミスに対する米国の危機感がある。
 米国医学研究所(IOM)は昨年7月発表した報告で、年間約80万件、35億ドル相当の薬物有害事象が発生したと指摘。2010年までに、すべての医師と薬局に電子処方箋導入を勧告した。
 オールスクリプツのグレン・トゥルマン最高経営責任者(CEO)も今週の米誌タイムのインタビューで、「処方ミスによる死者が年間7000人、被害者は150万人に上り、大半は電子処方箋で防げたはず」と述べている。
 手書きの処方箋は、薬剤師が内容確認のために医師に電話で問い合わせるケースが頻発するが、電子情報ならば手間も省け、処方どおりの薬を短時間で提供できる。患者の医療記録をデータベースで管理する電子カルテと連動すれば、患者のアレルギーなどを確認して適切な処方が可能だ。

 だが、米国で実際に電子処方箋を使用する医師は全体の25%にとどまり、全処方箋の6割が電子化されているスウェーデンなど北欧諸国に大きく後れを取る。ソフトウエアやデータ交換フォーマットが未整備なためだ。IT各社は医療市場で業界標準を確立させる機会とみて、先行投資に乗り出したといえる。

 一方、日本国内の医療機関の多くでは、カルテはいまだに手書きだ。厚生省(現厚生労働省)は平成11年、カルテの電子媒体による保存を一定条件下で認める通達を出し、電子化推進に努めている。加えて政府のIT戦略本部も保健・医療・福祉分野をIT化の重点分野と位置づける。だが、電子カルテの普及率は病院・診療所の6~7%程度にすぎない。
 日本では電子カルテを採用している医療機関でさえ、他の病院などに紹介状を書く際、データや診療画像をフィルムや紙に印刷して患者に持たせたり、処方箋を薬局にファクス送信しているのが実情だ。一部で電子データを相互活用する動きもあるが、国内IT企業が提供する支援サービスは有料で、米国のような業界標準を目指す動きには至っていない。

 医療データの電子化は利便性を高める半面、個人の医療情報がパソコンを通じて外部に流出する恐れにもつながりかねない。電子処方箋や電子カルテの普及は、医療機関とシステム面で支援するIT業界に個人情報保護の確立を厳しく迫ることになる。(ワシントン 渡辺浩生、福島徳)



ビジネスモデルとしては、

1)イニシャルコストの高さと汎用性の低さでITシステムの購入をしぶっている医療機関の需要喚起

2)将来的にASPで料金を徴収

3)日本を始め、IT化が遅れている先進諸国へ、アメリカのモデルを導入

といったところでしょうか(思いつきですが)。

今後、ウォッチしてきたいニュースです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

セレンディピティ

素敵な言葉ですね。

SEM で演出する幸せな偶然の出会い
http://japan.internet.com/busnews/20070412/8.html?rss

取り急ぎ、メモ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

感謝する理由が見つからなければ、・・・
http://coaching.livedoor.biz/archives/50896450.html

野口嘉則さんのブログのエントリーです。

取り急ぎメモ。

あとでじっくり読みたいです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

「ダボス会議」で有名な世界経済フォーラムが出している、「世界IT報告書」というレポートで、情報技術(IT)を経済発展や競争力強化に活用している国・地域のランキングが発表されています。

日本は14で、前回より2ポイントランクアップです。上位の10ヶ国で、北欧が多勢なか、シンガポールが3位となっております。日本も負けてられないですね。


ソースはこちら
ダボス会議、世界IT報告書、そして第一位
http://dhbr.hontsuna.net/article/1858052.html

世界経済フォーラムのサイト
http://www.weforum.org/en/index.htm

ランキングが掲載されているページ
http://www.weforum.org/pdf/gitr/rankings2007.pdf

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アメリカの医療ITその2。前回のエントリーの続きです。

掲載記事のなかで、IHE(Integrating the Healthcare Enterprise)という異なるベンダーの医療システムを効率的につなぐプロジェクトの紹介がされていました。

日本でも「日本版IHE」があるのですが、導入病院は少ないとのことです。

病院のみならず、診療報酬計算のシステムも各自治体が全く別に構築しているなど、システム面では様々な「無駄」が見られます。

システムの共同開発を考えるとともに、異なるベンダーのシステムをつなぐ、プロジェクトも進めていく必要がありますね。

アメリカの医療IT
ITとメディカル
日本HP、医療機関向け製品を本格化

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アメリカの医療ITについての記事が、『日経ヘルスケア』2007年4月号に掲載されています。

電子カルテやシステムなどなど、様々なものが紹介されていますが、なかでも注目をひくのは、

P4P(Pay for performance)

クリック型の成果報酬広告のことではありません。

P4Pとは2000年ごろから米国で始まった、医療の質に応じて診療報酬を支払う制度だ。医療の質を急性心筋梗塞へのアスピリン投与率、市中肺炎入院患者への4時間以内抗菌薬投与率などで数値化。その結果から、上位の医療機関にはボーナスを支払う一方、下位の医療機関への報酬を減額する。



その効果の程はいかほどかというと、

今回、P4Pに関する演題の中でも目を引いたのが、メディケアの患者40万人を対象にしたP4Pの効果検証。①患者にかかった医療費、②死亡率、③患者の不満度、④在院日数、⑤再入院率―いずれの指標でも改善が見られたというデータが示されていた。




「P4Pの指標自体が目的になってしまう」という危険性がないわけではないでしょうが、指標の設定自体は評価できるのではないでしょうか。ただし、この仕組みが本当に医療にとって、患者さまにとって良いのかは、時間がたたないとわからないことでしょう。


以下、医療とITに関するこのブログのエントリーです。

ITとメディカル
日本HP、医療機関向け製品を本格化

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医師国保とは?
http://www.net-ikyoku.com/archives/26790036.html

少し古いエントリーになってしまいますが、勉強になります。

当然と言えば当然かもしれませんが、私もこの仕事につくまで医師国保の存在は知りませんでした。

保険に関しては、以下のサイトも参考になります。

>>独立開業に際して必要な労働保険・社会保険の知識 PART 2
http://www.cp-support.net/topix/coramu/coramu05.htm

[RSS] [Admin] [NewEntry]

AdWords広告主の収益アップを強力サポート!ランディングページを最適化する「Google Website Optimizer」無料公開
http://markezine.jp/a/article/aid/1023.aspx

便利そうですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Googleマップの新機能です。

Googleマップが目印や写真を貼り付けられる「マイマップ」機能を追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070406/267607/

結構、便利そう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

病院・医院関係の書類を作成する際に、とっても参考になるサイトを発見しました。

無料書式フォーマット「いただき君」の中の「病医院」カテゴリです。
http://www.urbanproduce.com/download/f.html

ソースはこちら。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/biz_site/2007/04/09/15342.html

どのような書類のフォーマットがあるのか、以下に列挙します。

病院職員アンケート例
職能要件書の具体例
外来患者のアンケート例
外来待ち時間調査用紙
医療機器台帳
科別稼働額表
業務量調査調査票
病・病連携アンケート例
地域連携医療機関向けアンケート例
診療情報提供書
患者診療費減免規則の例
診療費減額・免除調査決定書
室料減額・免除調査決定書
ヒヤリ・ハットレポート
現状の病院経営目標把握シート
現状の病院経営目標見直しシート
病院の経営目標設定シート
診療科別・部門別経営戦略計画設定シート
診療内容と設備の導入状況把握シート
病院の職能資格区分設定シート
病院の人事考課面接シートの例
入院患者満足度調査表
「治療費支払誓約証」のモデル
「治療費支払誓約証」のモデル(表のみ)
病院の資金繰表モデル
病院の督促整理カード
病棟別病床利用率管理表
目標管理カード(様式1)[事務・コメディカル・看護婦等用]
病院の器具備品購入申請書のモデル
病院の高額機器使用状況報告書のモデル
病院の備品管理規則のモデル
病院の「図書管理規定」のモデル
病院の「業務委託契約書」のモデル
「保険請求管理会議規定」のモデル


ん~便利。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

米グーグル、テレビ広告も仲介へ 衛星放送大手と提携
http://blog.livedoor.jp/tvman46/archives/51410594.html

グーグルがテレビ広告にも進出…。

すごいことになりそうですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

眼を磨け
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/50302770.html

■朝目覚めて何をする?
バルコニーから青空を撮る。
眼を磨くんだよ。
毎朝、歯を磨くみたいに。
いやー、眼には歯かなー。



ん~素晴らしいですね。

毎朝のタスクに、

「美しいものを見る」

を加えなければ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医療の質向上へファンド、三井物産やドイツ証券など
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070405AT1D0409704042007.html

昨日の日経朝刊のトップでしたね。

以下、上記ページからの引用です。

 医療や介護分野専門に投資するファンドの設立が相次いでいる。三井物産は介護付き老人ホームなどに投資するファンドを新設、ドイツ証券と伊藤忠商事なども病院ファンド設立を決めた。全国には赤字経営の病院が多く、経営改善が急務となっている。民間企業の手法で経営効率を高めれば、医療サービスの水準向上が期待でき、膨張を続ける医療・介護給付費の抑制にもつながりそうだ。



 医療には株式会社の参入は原則認められていない。このため医療ファンドは病院や介護施設の株式でなく、土地や建物を取得したうえで施設に賃貸。事務の効率化や機器の調達など経営改善策を指導し、賃料収入を安定的に確保する。医療ファンドの広がりは実質的に株式会社による参入と同様の効果をもたらす。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

神奈川の試み
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070402

にて、毎日新聞で取り上げられた、神奈川県の新しい試みが紹介されています。

医師が行っている業務の中で、1)医学的専門性が必要になるもの、2)直接治療に関わるもの、以外は弊害のない限り、1)他の人に任せる、2)アウトソースする、必要があると、私は考えております。

神奈川の例は勉強になりますね。

ただ、引用元のブログでも言及されているように、県に限定したシステムというのはどうかと…。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医師免許:HPで有無確認 厚労省がシステム開設へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070330k0000m010098000c.html

ということで、厚生労働省のHPをチェックしてみたのですが、該当するシステムが見つかりませんでした…。探し方が悪いんでしょうか…

厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/

このシステム、悪用されないか心配です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ドイツ証券、伊藤忠など病院向け不動産ファンド設立
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hot.cfm?id=d2c3100l02&date=20070402

今朝の日経朝刊に掲載されています。

googleで「病院向け ファンド」と検索してみると、以下のようなサイトを発見しました。

フィッチ、「2006年日本の医療サービス業界の展望」を発表
http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=1013

2406号、病院IT化の対象病院は全病院の9割、病院ファンドは最適解決の1つ、
http://blog.goo.ne.jp/thinklive/d/20070215

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本HP、医療機関向け製品の提供を本格化、医療画像などの集約管理ストレージを投入
http://japan.zdnet.com/news/devsys/story/0,2000056182,20346276,00.htm?ref=rss

HP StorageWorks Medical Archive Solutionの価格は、5テラバイトのモデルが1350万円。日本HPでは、専用ウェブページを通じて、医療機関向け製品の最新情報を提供する。



とのことです。1350万。なかなかな額ですね。

こちらの製品の詳細が掲載されている日本HPのページはこちら↓
http://h50146.www5.hp.com/public/healthcare/

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。