2007年03月

2007年03月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ホームページ担当者が知らないと困るWebサイト構築・運営の常識

ホームページ担当者が知らないと困るWebサイト構築・運営の常識
ホームページ担当者が知らないと困るWebサイト構築・運営の常識佐藤 和明

ソシム 2005-03
売り上げランキング : 195394

おすすめ平均 star
starいいですよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


取り急ぎ、メモ。

書店で立ち読みしましたが、なかなかよさげです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マッキンゼーの仕事術。

コンサルタントとして働くものにとっては気になるトピックです。

マッキンゼーの仕事術を学ぶ上で、お勧めの書籍を紹介致します。私の愛読書の一冊です。

マッキンゼー式 世界最強の仕事術
マッキンゼー式 世界最強の仕事術イーサン・M. ラジエル Ethan M. Rasiel 嶋本 恵美

英治出版 2001-04
売り上げランキング : 62626

おすすめ平均 star
star文章に血が通っている
star戦略コンサルタントの仕事とプライドがわかる
star"実践編"よりも読みやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容については、後日ブログにて紹介致します。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

クリニカルパスの基礎知識
http://www2.eisai.co.jp/cpath/index.html

ざっくりとではありますが、クリニカルパスについて説明されているサイトです。参考にしたいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ファイリング

他の職業に比べて、医療経営コンサルタントは、多くの資料(特に紙)を扱うことが多いと思います。そんな我々にとって効率的なファイリングは必須とも言えます。

といいつつ、私も日頃、紙資料の整理には四苦八苦しております・・・。

そんな中、「衆議院TV」というエントリーでも紹介しました、朝日心月さんのブログで、効率的なファイリングの方法が紹介されていました。

資料のファイリングには、クリアフォルダよりもA4 30穴のクリアポケットが便利
http://ameblo.jp/letters/entry-10028631590.html

勉強になりますね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Attention Meter
http://www.attentionmeter.com/

百式で紹介されていたサイトです。
SEOに応用できそうですね。

ソースはこちら↓。

Alexa、Compete、Quantcastの機能をまとめて提供する『Attention Meter』
http://www.100shiki.com/archives/2007/03/alexacompetequantcastattention.html

[RSS] [Admin] [NewEntry]

衆議院TVなるものがあります。

『1枚のお礼状で利益を3倍にする方法』の著者、朝日心月さんのブログで衆議院TVなるものが紹介されていました。

衆議院TVってご存知ですか?
http://ameblo.jp/letters/entry-10027935446.html

このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。
(平成17年11月 2日以降のものを提供)



衆議院TVのサイトに掲載されている説明です。

平成17年11月以降のものを提供って素晴らしいですね。

ITとメディカルというエントリーで紹介した、

Blog TV公式サイト
http://www.technorati.jp/blogtv/

しかり、ネット上でハイクオリティの動画コンテンツをみることができるのは嬉しいですね(ここ8年、自宅にテレビを置いていないもので)。



朝日心月さんの著者です。必読の一冊ですね。僕は職場において、毎朝目を通すようにしています。

1枚のお礼状で利益を3倍にする方法―お礼状の皮をかぶった“営業状”
1枚のお礼状で利益を3倍にする方法―お礼状の皮をかぶった“営業状”朝日 心月

ダイヤモンド社 2006-02
売り上げランキング : 8084

おすすめ平均 star
star★★★手放せません★★★
starお礼状を習慣にできる
star読んでよかった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医療研究がPS3で…

昨日、ITとメディカルというエントリーをアップしましたが、偶然にも関係するニュースを発見。

「PS3で医療研究に貢献」,米スタンフォード大のプロジェクトに接続可能に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070319/265540/

プレスリリースはこちら↓

Sony Computer Entertainment Joins Stanford University Folding@Home Program to Further Medical Research
http://www.us.playstation.com/News/PressReleases/386

上記リリースの中からの引用です。

"Millions of users have experienced the power of PS3 entertainment. Now they can utilize that exceptional computing power to help fight diseases," said Masayuki Chatani, Corporate Executive and CTO Computer, Sony Computer Entertainment Inc.



to help fight diseasesって言われると、なんかこのプロジェクトに参加したくなりますね。うん。

Googleのブログ検索で、「PS3で医療研究」というワードを検索したことろ、以下のエントリーを発見しました。

Macとプレステーション3で医学研究を
http://tomochans.exblog.jp/4675511

このエントリー内に、関係するサイトがいくつ紹介されていました。

プレイステーション3がFolding@homeに参加
http://japanese.engadget.com/2006/08/23/ps3-folding-at-home/

engadgetでも取り上げられていたんですね。しかも昨年の8月。なんで、この時期にまたニュースに…。

Folding @ homeは宇宙人を捜すSETI @ homeと並ぶ世界最大の分散コンピューティングプロジェクトのひとつで、アルツハイマー病・狂牛病・がんなどの解明に貢献するためさまざまなプラットフォームを通じた「演算ボランティア」が参加しています。今回発表されたCure @ PS3ではCellプロセッサのパワーを活かして一台で100ギガFLOPS、1万台でペタFLOPスケールのパフォーマンス達成を見込んでいるとのこと。



まさしく、to help fight diseasesですね。

Folding@homeのサイトはこちら↓。

Folding@home
http://folding.stanford.edu/japanese/

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ITとメディカルがアツいらしいです。

日本の医療モールとアメリカのミニクリニック

というエントリーでも参照しました、渡辺千賀さんのブログで、またまたメディカル関係のネタが登場しました。

YouTubeに私のインタビュー映像がアップされました
http://www.chikawatanabe.com/blog/2007/03/youtube.html

といってもこのエントリー内ではなく、映像がアップされている、

シリコンバレーで活躍するエンジニア達
http://www.technorati.jp/blogtv/blog/2007/03/post-27.html

のインタビュー映像内の渡辺さん本人のお話しの中に登場します。


ITとメディカルの間をとったビジネスが最近、増えてきているとのことです。IT以上に、メディカル(の研究は)はアメリカ一極に集中しているとのこと。

渡辺さんが話されているのは、主に技術や研究の分野ですので、直接関係してくるのは、製薬や医療機器の分野でしょうが、医療経営コンサルティングにも、何かしらの形で応用・活用させることができそうですね。

もちょっと詳しく知りたいので、自分で調査してみます。


Blog TV公式サイト
http://www.technorati.jp/blogtv/

このサイト、初めて知りましたがヘビーユーザーになりそうです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ボストンコンサルティンググループで2004年末までまで日本代表を務られ、現在はシニアヴァイスプレジデントとして働かれている内田和成氏のブログがあります。

内田和成のビジネスマインド
http://uchidak.cocolog-nifty.com/blog/

内田和成氏のホームページhttp://www.kaz-uchida.com/

ボストンコンサルティンググループ東京事務所
http://www.bcg.co.jp/

The Boston Consulting Group
http://www.bcg.com/


内田氏のブログの中で、以下のようなエントリーがありました。

20の引き出し
http://uchidak.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_7850.html

内田氏が」頭の中の仮想の引き出し(キャビネット)」を設置し、そこに様々な情報を格納している、というお話です。

これは記憶術としても大変優れたものです。

詳細は忘れてしまいましたが、確か古代ギリシアなどでは記憶術として、「ある部屋を想定し、そこの各収納場所に覚えるべき内容を配置させ記憶していた」、という話をどっかで読んだような)。

で、googleでちょこっと調べてみましたが、以下のようなサイトを発見しました。

WR0368 信天翁曼陀羅(6)【 人は何故海を渡ったのか?】
http://www.world-reader.ne.jp/tea-time/etani-000220.html

該当する箇所を引用します。うろ覚えでしたが、大体あっているようです。

上記のようなイメージの共有化による場所の記憶や、それを使った空間認知といったことは、「共通感覚」のあり様と深く関係した問題であるように思われる。哲学者の中村雄二郎氏が書かれた『共通感覚論』の中には「記憶・時間・場所」という章があるのだが、その中で氏は紀元前一世紀初めにローマで編まれた『へレンニウス修辞書』を取り上げている。この書は当時既に失われてしまっていた古代ギリシアの記憶術について記述した書であるそうだが、残念ながら私は同書を読んだことがないので、中村氏の引用をそのまま孫引きしてみたい。

「もし多くの題材を覚えたいと思えば、多くの場所を自分でしつらえる必要がある。場所を系列に形づくり、それらを順序だって覚えなければならない。そうすれば系列中のどの場所からでも出発できるし、そこから前へも後ろへも赴くことができる。一番重要なのは、このようなものとしての場所の形成である。この場合に、同じ一組の場所は異なった題材の記憶に何度でも使えるからである。一組の物事を覚えるために、それらの場所に配置したイメージの方は、その後使わなければ薄れて消える。が、場所そのものは、記憶のうちにとどまり、別の一組の題材の為の別の一組のイメージを配置して、繰り返し使うことができる。場所はロウ板に似て、上に書かれたことが消えても残り、繰り返しその上に書くことができるのである」。

さらに中村氏は、アリストテレスが『霊魂論』中で説いた認識理論をも紹介している。「五感によってもたらされた知覚は、はじめに想像力によって働きかけられる。そして知的能力の題材となるのは、ハッキリと形をなしたイメージである。この場合、想像力は知覚と思考の仲立ちをする」「思考は心像のうちで形相を考えるのである。もし知覚の働きかけがなければ、誰もなんにも永遠に学ぶことも理解することもできない。たとえ思弁的に考える場合でも、考える手がかりとなる心像が、何ほどかはなければならない」。



むむ、アリストテレスの認識論まで話しは遡るのですね。自宅にある岩波文庫の中に、アリストテレス関係がないかチェックしなくては。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医療モール

メディカルモールクリニックモールとも呼ばれますが、最近、ますます注目度が高まってきています。

無料登録ドットコム
http://www.muryoutouroku.com/

のキーワードアドバイスツールでこれらの言葉をチェックしてみました。

医療モール関係では、月間検索回数(Google)は以下のようになっています。

医療モール 1,459回
川口 医療モール 187回
シティデュオタワー川口 医療モール 99回
医療モール 入間市 93回
川口駅前 医療モール 52回
シティデュオタワー 医療モール 51回
川口市 医療モール 50回
愛知県 医療モール 36回
モレラ岐阜 医療モール 33回
医療モール 開発業者 31回


メディカルモールだと以下のようになります。

メディカルモール 517回
メディカルモール 新都心 356回
津 メディカルモール 146回
メディカルモール たまプラーザ 73回
神保町 メディカルモール 68回
飯田橋 メディカルモール 61回
岩見沢 メディカルモール 51回
メディカルモール 神保町 50回
メディカルモール 神田 神保町 43回
メディカルモール さいたま 新都心 28回


最後に、クリニックモールの場合。

クリニックモール 755回
大和 クリニックモール 428回
池袋 クリニックモール 170回
よみうりランド クリニックモール 101回
おゆみ野 クリニックモール 66回
鶴間 クリニックモール 64回
第2大和 クリニックモール 62回
東雲 クリニックモール 44回
大和 市 クリニックモール 30回
勝川 クリニックモール 29回


今までブログで取り上げた医療モールの記事です。

日本の医療モールとアメリカのミニクリニック

[RSS] [Admin] [NewEntry]

メディカルツーリズム

東京日和@元勤務医の日々
http://blog.m3.com/TL/

を読んでいたら、

[メディカルツーリズムと門戸解放]シンガポール
http://blog.m3.com/TL/20070317/2

を発見。

で、メディカルツーリズムでググってみると、色々ありました。


■世界のメディカル・ツーリズムは、大盛況
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=502

参考サイトを多数リストアップしているので、とても勉強になります。


■日本人よ、インドの経営者の志に学べ
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/a/23/

大前研一氏がメディカルツーリズムに言及しています。


■メディカルツーリズムの可能性
http://kaori.blogzine.jp/market/2006/01/__b811.html


勉強せねば。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

医療経営コンサルタントを目指す学生さんのブログに出会いました。

医療界ウラ事情♪
http://ameblo.jp/concertmasterjp/

業界自体が新しいので、大変なことが多いとは思いますが、こういった学生さんが増えて欲しいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

平成18年度 地域医療対策委員会 中間報告書
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070317

勉強になります。

医療経営コンサルタントとして、知っておかなくてならないことですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ケータイ電話と医療機器
http://blog.m3.com/TL/20070315/3

医療機関もですが、電車内でも人様に迷惑のかからない範囲での緩和が進むといいですね。

今日現在、電車内で何度もアナウンスされる「優先席付近では電源をお切り下さい」は言い過ぎではないかと思います。

もしものことを考えてる電鉄会社の方の気持ちがわからないでもないですが…。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

「医療経済学を学ぶ」
http://hecacon.blog92.fc2.com/category5-1.html

で、紹介した『入門 医療経済学』が、404 Blog Not Foundに登場しております。

「書評 - 入門 医療経済学」
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50783806.html


入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて
入門 医療経済学―「いのち」と効率の両立を求めて真野 俊樹

中央公論新社 2006-06
売り上げランキング : 49751

おすすめ平均 star
star新書に医療経済学が登場する時代の不幸と幸福
star硬い語り口でわかりにくい
star納得ナットク

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この手の本では、おススメの一冊ですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

都道府県別の入院患者数と高齢化率の相関図
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2010.html

「長野県などは高齢化率が高いのに入院患者は少ない。逆に、沖縄県や福岡県では、高齢化率が全国より低いのに、入院患者が多い」

と説明されているように、長野県は高齢化率が高いのに、入院患者は少ないですね。

どのような理由があるのか気になるところです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

『図解 シックスシグマ流 “強い現場”をつくる「問題解決型」病院経営―患者満足度を高める“やる気”と“感動”のサービス革命』

図解 シックスシグマ流 “強い現場”をつくる「問題解決型」病院経営―患者満足度を高める“やる気”と“感動”のサービス革命
図解 シックスシグマ流 “強い現場”をつくる「問題解決型」病院経営―患者満足度を高める“やる気”と“感動”のサービス革命迫田 勝明 林 美穂 眞木 和俊

日本医療企画 2006-07
売り上げランキング : 52591


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気になる本ですね。


シックスシグマについてはこちらのサイトを。

シックスシグマオフィシャルページ
http://www.sixcg.com/


シックスシグマといえば、ジャック・ウェルチ

彼の著者もおススメです。


ジャック・ウェルチ わが経営(上)
ジャック・ウェルチ わが経営(上)ジャック・ウェルチ ジョン・A・バーン 宮本 喜一

日本経済新聞社 2005-04-29
売り上げランキング : 6333

おすすめ平均 star
star経営者を癒してくれると思います。
starいわずと知れた大経営者の思考を垣間見る
star天才とはあきらめない人

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ジャック・ウェルチ わが経営(下)
ジャック・ウェルチ わが経営(下)ジャック・ウェルチ ジョン・A・バーン 宮本 喜一

日本経済新聞社 2005-04-29
売り上げランキング : 6304

おすすめ平均 star
starくどい
starこの本に出会えてよかった
star世界最高の指導者

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。